当選ラインは誰も分からない…という風説を信じている人は損をしますよ。IPOには補欠当選というものが存在します。言うまでもありませんが、これは当選した人がキャンセルをした場合に発生します。当サイトでは損しないためのIPO術をお教えします。

丸和運輸機関の様な有望銘柄もIPOで人気が出ない事も

IPOというのは特に注目が集まりやすいものとなっていますが、業種などによってはそこまで注目を集めないことも少なくありません。
丸和運輸機関は公募価格が、3400円に対して初値が3100円と公募価格を下回ってしまった不人気銘柄でしたが、業績などから考えれば割安性もあり有望銘柄といえるものでした。
その証拠に上場直後は人気がなく株価も3000円前後で推移していましたが、徐々に見直しがされて有望銘柄らしく丸和運輸機関の株価は右肩上がりで上昇していったのです。

それではなぜ、有望銘柄のような丸和運輸機関がIPOで人気がなかったのかというと、新規公開株というのは公募価格の何倍もの初値を期待されることが多く、またその後の株価の推移に関しても短期間で倍になるようなものが求められます。
しかし、丸和運輸機関は新規公開株銘柄としては業種的にも地味であり、また将来的に爆発的に成長をするというタイプの銘柄でもないため、このような銘柄だとどうしてもIPOとしては人気がなくなってしまいます。
それに加えて上場した東証二部というのも、新規公開株においてあまり人気が集まらない市場であるため、初値が高騰しづらいものとなってしまい結果としては公募価格を割ってしまうことになったのです。
そのため、公募価格で購入をした人はすぐに売ってしまった場合損をしてしまったということになるのですが、逆にそれ以外の人は上場してから購入をすることで利益をあげることができました。
このように新規公開株といっても不人気のものもあるので、丸和運輸機関のようなタイプの銘柄というのは上場して初値がついてから購入を検討するというのもひとつの方法となるのです。