当選ラインは誰も分からない…という風説を信じている人は損をしますよ。IPOには補欠当選というものが存在します。言うまでもありませんが、これは当選した人がキャンセルをした場合に発生します。当サイトでは損しないためのIPO術をお教えします。

IPOの2月の銘柄とWHグループの資金調達

IPOの2月の銘柄を探すときに、証券会社のウェブサイトを見れば、割と簡単に見つけることができます。また、IPOの情報を集めて掲載しているウェブサイトを見るのもよい方法でしょう。ただ、証券会社の場合、自社で扱っている小野しか掲載していない場合もありますから注意が必要です。証券取引所の情報なら、その証券取引所に上場するすべてのIPOの情報を手に入れることができるでしょうから、こちらのほうが確実性が高いです。この場合でも、すべての情報を網羅できないこともあります。

たとえば、海外の情報を知るためには、すべての証券取引所の情報をチェックしなければなりませんから、それはそれで大変なことです。たとえば、WHグループは中国の食肉大手で、買収に関連する債権の整理のために公募を行いました。このIPOに参加することができるのかどうかというと、これは証券会社が取り扱っていれば可能です。証券会社の中には海外の市場も対象としていることもありますから、このような証券会社を利用するのは良い方法の一つだといえるでしょう。

WHグループの場合、日本の大手証券会社のいくつかが手がけました。日本でも海外株式の保有をすることは可能ですから、新規公開に参加できるのも自然なことだといえるでしょう。ただ、需要はそれほど多くないために、個別に対応するというイメージが強いです。WHグループのIPOの場合、申し込みについてはネットではできず、店舗でのみの取り扱いになった証券会社が多いです。ほかにも海外の特殊要因によって公開が中止になることもあります。公募の直前に需要が低迷して中止になったことも過去にはありました。このあたりの情報を把握しにくいのは海外IPOのデメリットともいえるでしょう。